リサイクルセンター

持続可能な循環型社会構築をめざして、
高度技術と最新設備によるリサイクル事業を展開しています。

 リサイクルセンターでは、産業廃棄物中間処理、リサイクル製品及び道路・土木資材の製造・販売、並びに運送業務を行っています。分別困難な混合産業廃棄物は、ここで精選別されリサイクルされます。また、コンクリート塊及びアスファルト・コンクリート塊は再生砕石、再生骨材として100%リサイクルされています。その他、真砂土の販売など、建設工事の幅広いニーズにお応えしています。

処理施設概要

[2021年1月現在]

  • [処理施設名]
  • [処理能力]
  • [処理方式]
  • 破砕リサイクルプラント
  • 640t/日
  • 破 砕
  • 木くず破砕機
  • 3.7t/日
  • 破 砕
  • 圧縮梱包機
  • 廃プラスチック類 286t/日紙くず      312t/日繊維くず     450t/日
  • 圧縮梱包
  • 石膏ボード再資源化プラント
  • 4.8t/日(8時間)
  • 破 砕

事業内容

  • コンクリート及びアスコンガラの中間処理
  • 再生骨材、真砂土の製造販売
  • 建設発生土処分
  • 産業廃棄物収集運搬(収集運搬車輌39台保有、全車GPS搭載、車輌一元管理)
  • 産業廃棄物中間処理(選別)
  •           
  • 産業廃棄物再資源化(木くず・石膏ボード)

篠栗リサイクルセンターの施設紹介

           

破砕リサイクルプラント

コンクリート及びアスコンガラを破砕し、再生骨材(再生クラッシャーラン、再生粒度調整砕石)を製造。
処理能力:640t/日

高度選別処理プラント

吸引式選別機と高精度精砂選別機〈ハイバウンドスクリーン〉で、自動で且つ効率的に再生可能な資源を回収する混合廃棄物総合選別設備。

処理能力:
180t/日
選別品目:
木くず、廃プラスチック類、ガラスくず、陶磁器くず、金属くず、紙くず
繊維くず、残さ(土)、その他がれき類

圧縮梱包施設

高度選別処理プラントによって選別されたリサイクル資源を
圧縮・梱包することにより、多量の廃棄物の処理作業効率を向上。

処理能力:
廃プラスチック類 286t/日(8時間)
紙くず 312t/日(8時間)
繊維くず 450t/日(8時間)

太陽光発電設置

地球環境保全に適したエネルギーを安全確保するための太陽光発電“第一弾”となるソーラーパネルを建屋屋根に設置。
プラント・建設機械に使用することによりCO2排出量ゼロを目指します。

鹿島道路(株)福岡合材製造所(提携会社)

再生アスファルト合材及アスファルト合材の製造販売。
油分含有土壌の無害化処理。

  • ・アスファルト混合物事前審査制度認定
  • ・福岡県建設資材再生施設認定(再生加熱アスファルト混合物)
  • ・福岡市再生材の再利用施設認定(再生加熱アスファルト混合物)

木くず破砕施設

廃木材・間伐材等を破砕しチップ化します。チップは主に木質バイオマス燃料として使用されます。
処理能力:3.7t/日

廃石膏ボード再資源化施設

廃石膏ボードを破砕・分級した後の一部の処理困難物をさらに再資源化する為に開発された、高精度吸引式選別機・高効率粉砕機。

処理能力:
4.8t/日(8時間)

アクセス&お問い合わせ

アクセスマップ

三和興業 リサイクルセンター

〒811-2404 福岡県糟屋郡篠栗町大字内住4156-35 ※駐車場完備

施設紹介

ページ先頭へ